20・21日の神奈川でのセッションに空きがあります。

 

こんにちは。  

主にヒプノセラピストのまゆん(今西まゆみ)です。

 

今からでも、セッションを受けてみたい方は、ぜひご連絡ください。

あなたの可能性も花開くよう、サポートさせていただけると幸せです感謝

 


 

場所: 神奈川(JR、東急東横線、武蔵小杉駅近く) 
  

日時:  20(祝)17:30〜 18:30〜  (19時半終了)

       21(火)9:30〜  10:30〜  (12時終了)

 

詳細はこちらをどうぞ。

 

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| お知らせ | 21:35 | comments(0) | - | pookmark |
もうすぐ、もうすぐ♪

 

こんにちは。  

花好きのヒプノセラピスト、まゆんです。

 

12月に水栽培しだしたヒヤシンスの蕾が大きくなってきました。

 

  

  黄色だったかな?

  もうじき咲きそうです♪

 

  いいなと思う花瓶が

  なかなか見つからなくて、

  とりあえず、ペットボトルに

  入れてましたが、それでは

  あまりに味気ない。

 

  1月の天神さん

 (北野天満宮の市)で、

  季節外れのジョッキを見つけ、

  ドッシリしているから、

  これを花瓶代わりしました。

  成長しても安定しています。

 

 

 

 

  

  プランターに植えた水仙も、

  明日くらい咲いてくれるかな?

 

  ずんぐりむっくりなのは、

  去年掘り出した分球だからかも。

 

  でも、これはこれで可愛いなぁ。

 

  あなたの可能性の花が、

  何歳になっても、

  いくつもいくつも咲きますようにびっくり

 

 

 

 

  

 

JUGEMテーマ:日常。

| 花と緑 | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
「さばのサラダ」と「友達のさばのちらし寿司」

 

こんにちは。 まゆんです。

 

いつも来てくださってるみなさんは、タイトルを見て??

と思われるでしょう。

わたしが料理について書くのは、珍しいですものね。

 

ただ今、確定申告と格闘中なのです。

そんな中、チラッと見てしまったJUGEMのブログテーマ。

 

好きな「さば料理」なに?

 

みんなが(たぶん)知らない、お気に入りのさば料理がある。

書きたい・・・

と同時に、逃避だと思います。

 

2つあります。

 

1つは「さばのサラダ」

息子の好物でもあり、定期的に作るメニューです。

 

材料は、

さばの干物  2分の1尾(半身)

玉ねぎ    大1

トウガラシ  少々

ドレッシング ナンプラー大1、お酢大2、オリーブオイル大2、塩小1

 

玉ねぎを半切りにしてスライス、少し水にさらして

水を切ったら、ドレッシングとトウガラシでよく合え、30分ほど漬け、

さばを焼き、柔らかくほぐしたものを玉ねぎと混ぜる。

 

シンプルで美味しく、山盛り食べたくなります。

 

どこの国の料理なのか忘れてしまいました。

 

ある日、西川治さんのお宅にお邪魔することがあり、

その時記念に著書の「こんなにおいしいサラダ」を購入しました。

世界のいろんな国のサラダが紹介されていて、そこに載っていたと思います。

 

西川さんは、

「朝6時に起きたらまず絵を描いて、

朝食後に写真のお仕事をして、お昼を(自分で)作ったら午後また仕事、

夕食を作り(時にスタッフやゲストのも)・・・という一日で、

時間が余ってしょうがない。」

とおっしゃってたのが印象的です。

 

写真家で料理家で、絵まで描いて時間が余るってびっくり

時間をとても上手に使う人だなぁと思いました。

未だに見習えていないです。

 

もう1つは「友人のさばのちらし寿司」です。

 

彼女は高知の出身で、いつも料理はドーンと大量に作り、レシピはありません。

一度作り方を教えてもらいましたが、忘れてしまいました。

実験的な料理も良く作るので、アレンジが入っていることと思います。

わたしは「美知子さんのお寿司」と呼び、食べさせてもらう専門になりました。

 

焼きさばをほぐして、高地から一升瓶で取り寄せているゆず酢

(塩入り)に少し漬け置き、酢飯もゆず酢を使います。

 

後は、しいたけ・人参・ごぼうなど甘く煮た具を混ぜます。

このお寿司の場合は、「卵や海苔は乗せない」と言ってました。

 

すっぱ美味しいです。

因みにさばを焼いてほぐすのが面倒な時は、

シーチキンで代用しても美味しいです。

 

以上、食休みと逃避を終えてサクサクやっていきます手
 

| 日々の喜び | 13:55 | comments(0) | - | pookmark |
花に呼ばれて

 

こんにちは。 まゆんです。

 

わたしが住んでいるのは一乗寺(京都)です。

いつも近所で買い物をしていますが、きのうは何となく

もう少し北の修学院まで足をのばしたくなりました。

 

春の暖かさを感じられる昼下がり、ママチャリで行くと、

駅の線路横のブロック沿いに、匂いスミレが咲いているのを見つけました。

 

  

  うちの庭に欲しかった匂い

  すみれ。

  Sweet Violet

 

  いっぱい咲いています。

 

  きっと向かいのお家の方が

    植えられたのだと思います。

 

  アスファルトとブロックの

  無機質な感じが、すみれが

  群生してることで、違った

  雰囲気になります。

 

  

 

 

 

去年、八重咲きのすみれを移し替えて、

ダメにしてしまいました。涙

 

今年は苗を買うか、秋まで待って来年に向けて種をまくか?

悩んでいたところでした。

 

すみれが「ここにいますよ」と呼んでくれたのかもしれません。

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

| 日々の喜び | 14:20 | comments(0) | - | pookmark |
春を見つけた♪

 

こんにちは。

花好きのセラピスト、まゆんです。

 

暖かくなったかと思うと、雪まじりの雨が降り・・・

まさに三寒四温ですね。

 

3月に入るとウキウキしてきます音符

お花屋さんに置いてあるお花が増え、

ご近所のお庭にも花が増え・・・

 

 

  そうして、道端にはいつもの

  春を告げる雑草が生えてきます。

  可愛いなぁ。

 

  因みに、このオオイヌノフグリ

  が生えるのは、いい土の目安に

  なるそうです。

 

  うちにも生えてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのチューリップのプランターには、はこべが咲きました。

UPにすると、なかなか可憐にきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今年はいちごをハンギングしてみましたびっくり

 

 

 

 

 

 

 


 

去年、「窓を開けたらプチトマトが採れる」

作戦が成功したので、味をしめて

「窓を開けたらいちごが採れる」作戦です。

 

品種も調べて、甘いという評判の「章姫(あきひめ)」にしました。

甘酸っぱいのが好きな人は別の品種がいいようです。

わたしは酢の物は好きだけど、「甘いものは甘い」がいいので。

 

バスケットは何年も前に友人から誕生日に貰ったものです。

いちご苗は自分で買わず、息子にプレゼントしてもらいました。

(いや、させました)プレゼント

 

これで、いちごが採れるたびに、二人に感謝合掌の気持ちが湧き、

さらに美味しくなること間違いなし・・・だと思うので、

すくすく育ってほしいです。

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

| 花と緑 | 00:16 | comments(0) | - | pookmark |
子どもさんにしてあげられることぁ 船劵廛離札薀團好箸隆囘世ら〜

 

最後に、ヒプノを学ばれた方へのアドバイスです。

 

とにかく、ヒプノを学んだらすぐに使うことです。

誘導する側の在り方や誘導の流れなど、雰囲気を感覚的に覚えているうちに練習するのです。

 

そして、練習していったら(人の潜在意識は広大なので)

「こんな時にはどうしたらいいんだろう??」

と思うことが出てきます。

 

出てきたら、セッションを終えた後、まずはセッションを振り返ります。

そして、コースやスクールで学んだことを振り返ります。

 

テキストやノートを見直します

自分が誘導したセッションや受けたセッションも

参考になります。    (これも読んでね感謝

 

 

 

「こういう注意もあったな」とか「こんなやり方も有効かもしれない」

と、次にできそうなことが見つかったら、再度セッションして実行します。

そうすることで、知識は自分のものとして落としこめ、いろんな経験値が増え、柔軟なセッションができるようになっていきます。

コースで学んだことだけではなく、それまでの人生で体験してきたこと・他のジャンルで学んできたことも約に立つでしょう。

 

それでも分からないことや、教わらなかったことはAさんのように質問しましょう

人の心を扱うので、その人の魂の導きを信頼しつつ、慎重さが必要です

あなたのハイヤーセルフやガイドにも繋がって、アドバイスをもらってください

 

 

昔、子どもが小さかった頃に一緒に見ていたTV番組で、こんなフレーズがありました。

『困った時はチャンスです〜 頭の良くなるチャンスです〜音符

 

たまに、頭の中にメロディー音符と共に流れてきます。

ヒプノセラピーの現場では、

『困った時は、頭を柔軟にするチャンス』です

 

しばらくセッションから遠ざかっている人は、ぜひセッションを受けてください。

自分が受けたセッションも、とても参考になるものです。

どんなタイミングで、どんな言葉でイメージが浮かびやすくなり、

どうしてもらったら、より体験が深まるかがわかります。

 

せっかく学ばれたヒプノ。

毎日の中で、気になることが出てくるたびに、セルフヒプノや仲間との交換セッションで使って行ってください。

そうしてヒプノ使いになって、自分にも周りの人にも役立てていってくださると嬉しいですプレゼント

 

 

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| 催眠とわたし | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
子どもさんにしてあげられること 〜ヒプノセラピストの観点から〜

 

こんにちは。

ヒプノセラピストのまゆんです。

 

  わたし自身の経験も、少し書いてみよう

  と思います。

 

  幼稚園は、途中から行くのを嫌がり出し

  ました。

  長くなるので簡単に言うと、悩んで違う

  幼稚園に変えました。

 

  勇気が要りましたが大正解でした。

  新しい幼稚園には毎朝スキップで通って

  いましたから。

 

 

中2からの不登校はいろんな要素が絡んできて、5年ほど殆ど行きませんでした。

上手くまとめて言えませんが、主に2つのことが助けになったと思います。

 

1つは、身近な人や専門家の言葉です。

生きててくれてるだけでいいじゃん。」

中学・高校は生き延びればいいんです。 

 先に行くといろんな選択肢があるのだから。

その言葉で、「確かに産まれてきてくれた時は、アレコレ望まなかったな」と、その時の気持ちを思い出し、初心に立ち返れました。

そのスタンスは、自分自身を楽にしてくれました。

 

一緒にいる息子も、それで楽になったようです。

それからは「明るいひきこもり」になり、何年か後に当時を振り返って、

「お母さんがそうしてくれたことが、すごく助けになったよ。」

と言ってくれました。

 

ヒプノでは、ガイドさんからメッセージと映像を受け取りました。

「表面(学校に行けなくて肩を落として無力でいる彼、というイメージ)ではなく、

 今も産まれてきた時と同じ(あなたにそう見え、感じられたように)、

 完璧な存在としてみなさい(明るく光っていて笑顔のイメージ)」

 

『完璧』という言葉は語弊があるかもしれませんが、初めて息子を見た時、そう思って「畏怖の念」すら感じたのでした。

これもまた上手く説明できませんが、息子に限らず人は常にそうなのだと思います。

 

ただ、もっとも身近にいて苦しんでいる様子を見ながらそう見るのは、かなり難しい課題でした。

 

  それが出来たかどうか

  わかりませんが、息子

  はその後、ご縁のある

  学校に進み、今は社会

  人として彼の人生を、

  彼のペースで歩んでい

  ます。

 

父親である夫や学校や先生たちのサポートも、難しい部分もありましたが助けになりました。

こうして振り返ると、たくさんの人に助けられたのだなと思います。

  

 

後、もう1つの例を付け加えます。

同じく、以前にヒプノを学んでくれた生徒さんの例です。

 

彼女は若く、妹さんは当時まだ高校生でした。

その子も不登校でした。

 

学校に行った振りをして、実際には家のクロゼットの中にいたそうです。

学校に行きたくないけれど、でも家にも居場所がないように感じていて、そんなところに入っていたそうです。

 

お姉さんである彼女は、そんな妹さんの苦しみを何とかしてあげたいと、習いたてのヒプノでリラクゼーションの誘導をしました。

リラクゼーションは、『心地良い場所で、心も体もリラックスしていく』イメージを促す誘導で、そうすることで『催眠』と言われる意識状態に導くものです。

それだけでも心身にとてもよい効果があります。

(昔からの催眠療法は、リラクゼーションだけか、+暗示を使ってます。)

 

妹さんはリラクゼーションを受けて、

居場所がないと思っていたけど、自分の中に居場所があったんだ

と感じてくれたそうです。

 

 

いつも、セッションに来てくださる方は大人の方で、

子どもさんへのヒプノ(催眠)は、わたしも臨床例自体が少ないです。

 

行うときは大抵Aさんへのアドバイスのように、親御さんにまず体験していただいて、いきなり子どもさんに行うことはしません。

わたしのように親が楽になると、感受性の強い子どもさんも何かを感じるものです。

親に言われたからではなくて、出来れば自分から「行ってみようかな」という気持ちになってくれた方が望ましいです。

 

それに、年齢にもよりますがトラウマなどは、大人のようにヒプノで浮かびあがってきたことを統合するのは難しいかな?と思うのです。 このあたりは臨床を重ねないと、なんとも言えませんが。

 

子どもさんには話を聞いて、自分のいい部分に目を向けるよう促します。

中には子どもと思えないほど体が緊張して、萎縮しているお子さんもいます。

そんな時にはまず、体の緊張が少しでも緩んでいくように、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)をしたりします。

浅くなっていた呼吸が、緊張が解けて深い呼吸を取り戻せた時、わたしも嬉しくなります。

 

「親子共に悩みを抱えていらっしゃるケース」について、これから取り組んでいこうと思っています。

 

もし、今子どもさんのことで悩まれたり苦しまれていたら、それを安全な場で言葉に出してあげてください。

重荷をおろして、いったん一息ついてください。

それだけでも、かなり楽になります。

 

そうして、一緒に最善の道を見つけましょう。

 

JUGEMテーマ:日常。

| 催眠とわたし | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
子どもさんにしてあげられること◆ 船劵廛離札薀團好箸隆囘世ら〜

 

こんにちは。

ヒプノセラピスト・ドリームセラピストのまゆんです。

続きです・・・

 

  

  Aさんに応援のメールを送ったその後、

  10日くらいして連絡を取ると、こんな

  メールが返ってきました。

 

 

 

メール Aさんのメール

 

ご助言ありがとうございます。

 

結局その件は、じっくり話を聞くうちに、姉と姪が話をしてない事がわかりました。

そして、「無理に聞くと嫌われるのでは?」という恐れ。

(が、お姉さんの心の中にあることも)

 

藁にもすがる思いだったかもしれないけど、

(ヒプノという一般的には)不思議な体験にすがるより、

お母さんがちゃんと向き合うことの方が先じゃないか。

という話に落ち着き、(姉が)助言を自分で受け取る為にヒプノをしました。

 

「子育てが上手な人に会いに」行ったつもりが、

(ガイドやサブパーソナリティーに助けてもらう)

姉の小さな時に戻ってしまった。

(幼児期退行)

そして、姉の幼児期が癒されていない事がわかりました。

 

母がいたが、後ろ向きであまり話を聞いてくれない、という寂しい記憶。

 

そういえば、私達は昔から諦めていた。

私もそういう気持ちを思い出していました。

(気付きと感情の解放)

 

子育てに対する答えは、何とか母から聞く事ができましたが、不安が残っていたようなので、姪に出てきてもらい話を聞きました。

姪から、「お母さんを嫌いになる事はないよ。」

という言葉が聞けたので、皆とハグをして終了しました。

(相手の潜在意識・魂との対話)

 

夜遅くにセッションしたので、終わってからあまり

(セッションを受けて思ったことなどの話を)

聞いてないのですが、これからも様子を見ていきます。

 

ありがとうございました。

 

Aさん、グッジョブでした手手

お姉さんから話を聞くことができ、セッションも必要な内容が出てきたのに対応し、学んだことを駆使してサポートできました。 

今のお姉さんには「アドバイスを受け取る」ことよりもまず、自分の幼児期を癒すことが必要だったようですね。 

いい感じで一歩が踏み出せたようで良かったです。

 

いただいたメールで、わたしも「子どもの問題」と思える事が、実は自分を癒すきっかけになることを、改めて教えてもらえました。

そして、ヒプノはいつも「その人の『内なる叡智(魂)』が導いてくれて、その時一番必要な所に連れて行ってくれること」を。

 

家族の絆は、困った時に互いに助け合うことで深まって行くと思います。

 

今回のことでAさんは、お姉さんの悩みを「聞く」ことができました。

お姉さんは、自分の中にあった『恐れ』と向き合い、『内なる叡智』に耳を傾け、心の奥深くにあった『気持ち』を感じる事ができました。

きっと同じように、娘さんの気持ちを大切に、耳を傾けることができると思います。

 

このケースは、お姉さんがすでにAさんのヒプノを、練習台として何回か受けてくださっています。

ですから、ヒプノに対しての理解がある程度あり、このようなセッション内容が可能になったと思われます。

ヒプノの体験がまったく初めてという方は、まずお会いしてお話を伺う、というところから始まります。

 

子どもさんによって、そのご家族にとって何が最善なのかは違い、わたしたちの限られた知識や経験からはわからないものです。

ある子どもさんは、親御さんに自分のありのままを受け止めてもらえることで、安心感を得られ、登校できるようになるかもしれません。

別のお子さんには、もっと自分に合った別の学校や成長の場所が必要かもしれません。

また、ある親子は、学校や周囲を変えていく力をそこで発揮していくのかもしれません。

 

わたしの知る限りでは、そのような「その人にとっての最善の方向」を指し示してくれるのは、ヒプノセラピー(催眠療法)だと思っています。

「どうしていいかわからない」と無力さを感じている人の中に、確かに内在している「叡智」や「力の源泉(可能性)」との繋がりを取り戻させてくれます。

 

子どもさんは周りの大人を『自分の中心に繋り直すきっかけ』も与えてくれている。

そう思えます。

子どもってすごいし、ありがたいな〜と思います。

 

「家族がよりよい関係を築いていく機会」、あるいは

「自分の中心を育て、共に成長していくための出来事」

と、渦中にいてそのように捉えるのは難しいでしょうが、どうぞ心の片隅にでもおいて頂いて、そちらに向けての新しい一歩を歩んでいただけたらと思います。

 

残念ながら、このようなご相談は今のところ「子どもさんのお母さん」からしか受けたことがありません。 お父さんも取り組んでいただけたらなと思います。

そして、自分たちだけで抱え込まないで、助けになるものを求め、助けを受け取ってください。

(※ただし、助けを求める時には人を選んでください)

 

わたしも一人のセラピストとして、できることをさせていただけたらと思います。

そして、ヒプノに限らずみなさんにとって、一番いいツールが見つかることを願っています。

 

Aさん、お姉さん、UPする機会をくださってありがとうございます。合掌

 

JUGEMテーマ:日常。

| 催眠とわたし | 15:40 | comments(0) | - | pookmark |
子どもさんにしてあげられること  船劵廛離札薀團好箸隆囘世ら〜

 

こんにちは。

ヒプノセラピスト、ドリームセラピストのまゆんです。

 

今日は「不登校の子どもさんにできること」をテーマに取り上げます。

 

  先月、去年ヒプノセラピーを学んでくださった

  Aさんからメールが届きました。

 「不登校の姪御さんのセッション」についての

  質問でした。

 

 

わたしなりにアドバイスをお送りし、その内容が、同じような悩みを持つ方の参考になるかもしれないと思い、Aさんとお姉さんに内容の公表をお願いしたところ、快く許可をいただくことが出来ました。


まだ一歩を踏み出したばかりで、今後どのような展開になって行くかはわからない状態ですが、このようなケースで

親を始め、周りの大人ができることは何か?

ヒプノをどのように役立ててもらえるか?

 

など、ご家族の方にも、ヒプノを学ばれた方にも、何かしらの参考にして頂けると幸いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・鳥・・・・・・・・・・・・・

 

メール Aさんのメール

 

自分が行う、ヒプノのことで質問です。

姪っ子が登校拒否らしく、姉が「姪っ子にヒプノを試したい」と聞いてきました。

子どもには初めてで、自信もなく、ネットでバッチフラワーの説明をし、こちらを試すことを提案しています。

 

もし、子どもにヒプノをする場合、気をつけないといけない事はありますか?

 

メールをもらって、Aさんが学んでくれたヒプノを、自分や周りの人に使ってくれているのを知れて、嬉しく思いました。

 

わたしも息子が不登園・不登校だったので、親ごさんの「どうしたらいいの?」「誰に相談したら?」「早く何とかしなきゃ」

と悩む気持ちや、Aさんの「何とかしてあげたい」という、お姉さんや姪御さんへの気持ちもわかります。

 

でも、簡単にアドバイスを返せる内容でもなく、色々考えて、こんな返事を送りました。

 

メール わたしの返信

 

まず、情報が少なすぎるので、この件に関して知り得たことを出してください。

そして、これまで学んだことから、Aさんなりの考えを出してください。

それがないと、わたしはあらゆるケースを考える事になり、アドバイスがけっこう大変です。

 

この件は、とてもデリケートですから、丁寧なカウンセリングが必要です。

今後の親子関係にも影響すると思います。

 

お姉さんも、悩んで相談されたと思いますが、まだ聞いていなければ、

どうして娘さんにヒプノを受けさせたいのか?

娘さんが登校拒否になっていることを、どう感じているの?

今までの接し方ややりとりは、どのようなものだったのか?

ヒプノに何を期待しているか?

などを丁寧に聞いて、寄り添う必要があります。

 

それによって、いろいろ見えてくることがあると思います。

お姉さんにも、Aさんにも。

 

そして子どもも1人の人として尊重してください。

勇気を出して「登校拒否」という形で、自分の何らかの気持ちを

頑張って表現してくれたのです。

人と違うことをするのは、かなりの勇気が要りますから。

 

それをしてでも、その子が周りに伝えたいものは何か?

 

レメディーを決めるのだって、よりフィットしたものを選ぶには、カウンセリングが必要です。

その場合、親子で飲んだ方がいいと思いますよ。

親は、子どもにいい影響を与えられる力があります。

 

慌てないで、じっくり話を聞くことからしてください。

 

それでも急ぐなら、Aさんがヒプノでガイドさん(またはハイヤーセルフ)から、この件についてのアドバイスをもらうか、

お姉さんが

娘さんの今の状況を、どう捉えたらいいのか?

してあげられる最善のことは何か?

をヒプノで聞くといいです。

 

あ、お姉さんは、娘さんは「どうして学校に行きたくないのか?」「どうしたいのか?」把握できているのでしょうか?

 

Aさんが、深呼吸やリラクゼーションをしたり、レスキューレメディーを飲んで、落ち着いてくださいね。顔

 

と、思いつくことをお伝えしました。

 

メール Aさんの返信

 

姉は、今までわたしのヒプノの練習に付き合ってくれていて、ヒプノがどういうものなのかというのは、分かっていると思いますが、この事に関してまだ詳しい話は聞いていません。

 

姪にヒプノをというのは、保留にしたままですので、まずは自分も姉も、ヒプノで最善を探すことから始めていきます。

 

という返信がきて嬉しく思い、安心しました。

そして、もう少し付け加えたい思いを送りました。

 

メール わたしの追加メール

 

スクールでは、カウンセリングについて、あまり詳しくお伝えできなかったかもしれませんが、テキストに目を通してみてね。

これまでAさんが会社の研修などで学んだことも、活かせると思いますよ。

 

困った時はチャンスです〜

子どもさんの登校拒否は、親が自分自身を見直したり、親子や家族の絆を深めていくきっかけを与えてくれるものです。

「問題」とか「子どものこと」として捉えがちですけど、家族がいい感じになっていく良い機会が与えられたと受け取ってもらえるといいな。

 

Aさん、頑張らないで、リラックスしてがんばれー 顔

 

頑張りすぎると、心も体も硬くなってしまいがちです。

リラックスすると、いつもは思いつかないようなアイデアが浮かんだり、

直感が働き、インスピレーションも受け取りやすくなります。

 

力を入れ過ぎないで、最善と思われる『今できること』に1つ1つ力を注いでいく。

そうすれば一番いい結果に繋がる・・・

と、わたしは今までの経験から思うのです。

 

JUGEMテーマ:日常。

| 催眠とわたし | 00:25 | comments(0) | - | pookmark |
誰か手伝ってくださいな♪

 

こんにちは。

はな 花好きのセラピスト、まゆんです。はな

 

前から「やりたいな〜」と思っていることがあります。

それは イギリス・アイルランド花紀行のお茶会 です。

 

一人で考えていたらいつになるかわからないので、

ボランティアしてくださる方を募ることにしました。

 

手伝っていただきたいのは、

スマホに撮りためている写真を

<プロジェクター(?)を貸してくださり映し出す>ことです。

場所は、東京・神奈川か京都自宅を考えています。

でも、希望を募って何人か集まるようでしたら、

他の場所でもやりたいと思っています。

 

お花が好きな人、

バッチフラワーに興味がある人、

イギリスやアイルランドに興味がある人、

わたしの旅に興味のある方、

それ以外の方でも、「手伝えるよ!!」と快く引き受けてくださる方、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

お礼は、もちろんお茶会の無料参加です。

そして、希望してくださるなら、

バッチフラワーカードを使ったリーディング30分、

もしくは他のセッション30分分をお付けします。プレゼント

 

 

機会に恵まれ、2年前の5月〜6月にかけて

友人のいるアイルランドの南東ウォーターフォードと、

ロンドン郊外のセント・オールバンズ

バッチフラワーの創始者、バッチ博士が晩年を過ごされた

マウント・バーノンのコテージ行ってきました。

 

バッチフラワーを含む、森やお庭に咲いていた花たちをメインに

景色など、撮りためた写真は約300枚にのぼります。

こんな感じです

 

<アイルランド>


 
          (友人宅と近くのブルーベルの森)


           (群生しているゴース)

           

        

<イギリス>


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     (バッチ博士のコテージとレッドチェスナット)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         (セント・オールバンズの街並み)

 

いいなと思うものをピックアップして紹介し、

お茶紅茶でも飲みながら、お花たちや旅の話し、

バッチ博士やレメディーの話しもできたらなぁ〜

と思うのです。

 

どなたか、手伝っていただけると大変嬉しいです。

 

ご連絡はこちらまで。 space-uni

どうぞ、よろしくお願いいたします。感謝

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

| お知らせ | 08:39 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH