<< 第1回『聖なる予言]』読書会&お話会のお知らせ | main | シキタさんのこと >>
読書会その5 〜ヒプノで伝説のヒーラーに会う〜

 

こんにちは。 まゆんです。

 

去年に比べ、今年は急に秋になっています。

そのせいか、周りで体調を崩される方もいらっしゃいます。

季節の変わり目、どうぞお体ご自愛ください。

 

「聖なる予言」読書会のテーマで、日常に起こってくる

『偶然』

『シンクロニシティー(意味のある偶然の一致、共時性)』

を、埋もれささないようにピックアップしていってます。

 

 

  伝説の霊的治療家ハリー・エドワ
  ーズさん。

 

  曲がった背中が伸び、腫瘍が消え

  てなくなる――

 「キリスト以来最大の霊的治療家

 「霊的治療家の最高峰」と讃えられ

  る方です。

 

  澄んだ目をされていますキラキラ

  

  

  彼の本を然見つけたことを先日

  お伝えしました。

 

          

         読書会その3〜欲しかった本を手に入れる〜

 

私の「イギリスにもう一度行きたいな〜」という気持ちや、「来年行けたらヒーラーのスクールに参加したいな〜」という思いが本を引き寄せたのかもしれません。

 

彼の本は、とっても勉強になります。

さらっと読める本でないので、少しずつ少しずつ読み進めていて、やっと1/4読めました。

 

そんな所に怪我をしていた友人から、久し振りにヒプノの依頼が来ました。

 

友人)怪我の後、自分でも整体で治療しているけど、

   骨折した部分は痛くなくて、腰周りとかか痛いの。

   MRIとかで見てもらったけど異常は見つからなくて。

  「どうしてそんなに痛いのか知りたい。」

 

   それから・・・

   クライアントさんに整体やヒーリングする時、

   自分の状態をいい感じに保ちたい。

  『治療を司っている存在』に会って、

  「どんな意識状態であるといいのか?」を教わりたい。

 

   えっとね。

   リーとか何とかっていう、たくさんの人を治療した人に会いたいの。

   何ていう人だっけ・・・えーっと

 

私) それって、リー・エドワーズさんじゃない? 

   イギリスのヒーラーの。

 

友人)そうそう! その人に会いたいの!!

 

20年来の付き合いの中で、彼の名前は出てきたことが無かったので、ビックリしました。

どうして、同じ時期に彼のことを思っているんだろう?

シンクロです。

でも、彼女とはそんなことがよくあります。

 

彼女を催眠誘導して、ハリーさんに会いにいくことになりました。

無事出会えて、いろいろ教えてもらえました。

以下、セッションの一部です。

 

私) ハリーさんは 患者さんにヒーリングされる時って、

   どんな風なんですか?

   治療者は、どのような意識状態で治療(整体・ヒーリング)に

   臨めばいいのでしょうか?

 

H) (友人に)僕の中に入ってください。

 

と言われたので、彼の中に入るように誘導しました。

 

ハリーさんの中に入って友人、彼の視点で自分の体を見、治療の際の在り方を感じました。

そして、ヒーリングが始まりました。

 

スカイプでのセッションを行っていましたが、あまりに大きなエネルギーが動いたため、肝心のところでPCはストップしてしまいました。

 

私) どんな感じでした?

 

友人)無理に言葉にするなら、 圧倒的な愛 

 

私)(やっぱり、そうなんだ・・・)

 

友人)そういう視点で見ていくと、全然違うものが見えてくる

   例えてみると、枯れた花が触れられると生き返る

   色鮮やかになるように
   神話で言われる「神様が歩いた跡に、花が咲く」ような

 

   素晴らしい  こういう状態でいられたらいいな

 

H)  この感覚こそすべて

   この状態で、治らない事実を作り出すことの方が難しいでしょ?

 

残念ながら、彼女が味わっている感覚は共有できませんでした。

でも、それでいいのです。 彼女の宝物だから。

彼女を通してですが思いがけず、ハリーさんと会話できて良かったです〜〜

 

友人は 本をまったく読んでいませんでしたが、セッションでの彼の言葉やエネルギーは、本に書かれている内容やエネルギーと違和感はありませんでした。

 

セッション後、体がとても楽になったと喜んでいました。

「どうしてこんなに痛いのか?」もわかりました。

彼女の痛みの感覚通り、筋肉や靭帯などいろんな部分にダメージを受けていて、腰椎の間隔も変になっていました。

何ミリ単位のズレなのでレントゲンに映らなかったと説明されました。(説明は別の存在によるものです)

なかなか貴重な体験でした。

 

最後に彼女はハリーさんに、こんな質問をしました。

 

友人)ハリーさんと会いたいと思って前にヒプノ誘導してもらった時、

   会えませんでした。 今日はなんで出てきてくれたんですか?

 

H)   誘導者側とあまりに波動の違いあると、会えない。

 

そういうものなのか〜

きっと私は彼女と同じような「ハリーさんへの思い」や「会いたい」という気持ちを持っていたので可能になったのでしょう。

 

「イギリスのハリーさんの治療院を訪れて、彼のエネルギーを感じたい」と思っていたけど、「ヒプノで会う」という手があったのをすっかり忘れていました。

彼女が全快したら誘導してもらって、今度は私もハリーさんを体感したいですぐー

 

うっかり忘れていましたびっくり

私が一番驚いたシンクロは、料金に関する質問でした。

それはまさに、この何日かの間に私の心に浮かんでことで、まったく同じことを彼女は考えていたのでした。

 

続きを知りたい方は、どうぞ読書会にいらしてくださいネ星

 

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| 催眠とわたし | 19:12 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH