<< 読書会その3 〜欲しかった本を見つける〜 | main | 第1回『聖なる予言]』読書会&お話会のお知らせ >>
読書会その4 〜お試し会の報告と夢〜

 

こんにちは。 まゆんです。

先日の試運転的「聖なる予言読書会」のご報告です。

 

参加してくださったみなさま、ありがとうございました。感謝

 

みなさまのご感想をお聞きできていませんが、

私としては、楽しみにしていたのに、「あれれ?」と、

思わぬ流れになってしまったように感じていました。

 

どうしてそうなってしまったのか?

それはそれで良かったのか?

どう解釈したらいいのか?

次回をどうすればいいのか?

 

ご報告するにも、気持ちも頭もまとまらない状態でした。

 

でも、さすが 『聖なる予言読書会』です。

そう思って寝たら、夢がまとめてくれました。

こんな夢を見ました。

 

私は出張に行って、ある人のセッションをしていた。

でも、いつものような「セッションを終えた感」

(一緒に取り組み、何か一纏まりのものを得て終わる)

ない、よく分からない、あややな内容で終わってしまった。

 

そう言えば、

「通常はセッションの始めに、

クライアントさんがいろいろ自分について

(セッションの動機や望むこと、目的など)話すのだが、

何も話さなかったな。

私もこちらから改めて聞くことをしないで、行っていたな。」

と気づいた。

 

「それで、本人が何について、何をしたいのかわからないまま、

時間が来てしまった・・・そんな感じのセッションになったんだな。」

と振り返っていた。

 

部屋を出てゆき、クライアントさんからセッション料金を頂くが、

何だか微妙な気持ちだった。

 

その人と別れて歩き、馴染みの町の近くまで来た。

そこに男性がいて、近くにもう一人女性もいる。

男性は地図を片手に、

「目的地に行くのに、どっちの行き方がいいのか?」

と話している声や様子が目にとまり、知っている駅名でもあったので、

話を聞くことにした。

 

彼は少し早口で、耳慣れない駅名もあり、

聞き取りにくいので何度か言ってもらうことになった。

そして私は、自分の乗る駅から少し離れてしまうが

付き合って歩いて行った。

 

それが済んだら、思ったより離れた閑散とした所まで来てしまった。

私の目指していた駅に戻るには、足が思ったより疲れていたのか

気力にかけてしまってそこにいた。

 

海辺の道の端に、同じ種類のトラックが数台並んでいる。

おじさんがトラックの燃料か何かを捕充していた。

清掃車なのか、感謝の気持ちが湧いてきた。

 

トラックの後ろ側に、いくつか銀色のアルミ缶のようなものが並んでいる。

それに燃料が入っていて、おじさんは1本ずつ順に入れていっている。

私はそれを見ながら、ゆっくりしている。

 

夢から覚めて、読書会について教えてくれてる夢だと思いました。

自分では、ここまでわかりやすく理解できていませんでしたが、

確かに起こっていたのは、そんなことでした。

 

夢は、

参加してくださった方が、自分から話をしなかったこと、

私もまた、一人一人には改めて聞かなかったこと、

そのうち、一人の話しを聞き過ぎて、目的から離れてしまったこと、

エネルギーが無くなり、充電が必要な状態になってしまったこと、

などを教えてくれていると思います。(笑&反省)

 

実際、あのあとホテルに着いたら妙に疲れていて、

チャクラ・クリアリングをしたら、エネルギー充電できて、元の自分に戻れました。

トラックは数台あったので、みなさんもエネルギーチャージが必要だったかもしれません。

 

私の失敗に関しては申し訳ありませんでした。

ですがこうして、夢に助けられて振り返ると、

当初はよく分からずに、不全感がありましたが、

全体的にはそれで良かったのだと思えます。

 

試運転で具合の悪いところを見つけられたので、

どうしたら、お互いの満足が得られるものになるかわかりました。

 

全部、夢の反対をすればいいのです。

 

テーマについて自分から話をする(主体的になる)

私が一人一人に聞く、

私が一人の話しを長く聞き過すぎない、

テーマをしっかりキープする。

かな?

 

さて、これをみんなで意識すると、どんなものになるでしょう?

きっといいものになると思いますびっくり

 

9月から、本格的に始めますので、次回参加してくださる方は、

自分自身のためにも(日常に埋もれささない)、

他の人たちにシェアする喜びのためにも、

シンクロ二シティーのリストUPしておいてくださいねハート

小さなことでも全然OKです。たい焼き

 

エネルギーについては第4章で、夢は第7章で書かれていていて、これから読み進めていくことになりますが、今回予告編のように出てきました。

興味をお持ちの方は、読んでみてください。音符

 

 

JUGEMテーマ:読書

| お知らせ | 16:30 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH