<< 一番必要とするときに | main | 9/23〜25 神奈川での個人セッションのお知らせ >>
読書会その2 〜Life Review 人生の棚卸し〜

 

こんにちは。 まゆんです。

 

困った時や何かアドバイスが手っ取り早くほしい時、

私はドリーンさんの大天使カードを引きます。

 

困った時は近視眼的になりがちですが、大天使さんだからでしょうか。天使

空の上から俯瞰するように、いつも大きな視点や違う角度からアドバイスをもらえて助かります。

 

カードに書かれている意味がよくわからない時は、付属の小冊子の詳しい説明を読み、心に響くところを大事にし、出来そうなことをしていきます。

すると、いい結果が出るので信頼しているのです。


  たまにピンと来ない時もあります。


  1ヶ月ほど前に引いたカードがそ

  うでした。

 

  Life Review

  人生をかえりみる

 

  

  たぶんワークショップについて質

  問したんだと思います。羽

  

  カードには、(私的訳)

 

 

人生の棚卸しをしてください

そして、バランスがとれていない何かを変えるか癒すと決心してください

 

と書かれていました。

今、私自身に促されているのか、

ワークショップのテーマに提案されているのか・・・

以前にこのテーマは取り上げたので、あまり気乗りがしませんでした。

ワークショップはまた秋に考えよう!!

と、読書会の方に気持ちが傾いていたので、そちらを企画しました。

 

でも、あれれ?

『聖なる予言』の方を20年ぶりに読み直したら、『第12の予言』よりもっと、

人生を振り返ることになってしまっています。

 

読んでゆくと、「成長を確かめられ、嬉しい」ところもあるし、

この部分は「後回しになっているな〜」と思えるところもあります。

この部分は「癒しが必要かも」と感じられるところもあり、

これを読書会で取り組んでいくと、まさに人生の棚卸しです。

 

ああ、ゆる〜く楽しくやっていこうと思っていたのに、

私にとってはそれで済まないかもゆう★

なんてこったいびっくり_| ̄|○

(みなさんは、それぞれのスタンスとペースでどうぞ)

 

他にも、夢の中で自分のこれまでの人生を語っていたり、

読書会に行ったら「あなたにとって青春とは?」と質問されたり、

遠隔セッション中に、私自身の人生の整理をすることになったり、

『人生の棚卸しワーク』が、着々と進んでいるようです。

 

大天使ジェレミルが手伝ってくれてるというか、

背中を押されているとしか思えません。

 

勇気がいるけど、アドバイスの「慈しみの心とユーモア」を忘れず、

「そうすることであなた自身が輝きますにじ」という言葉を信じて、

やっていこうっと。

 

20日(日)10時からの牛込神楽坂での読書会、

まだ定員大丈夫です。

軽く参加したい方も、「人生の棚卸し」にチャレンジしたいかたも、

興味をお持ちの方は、どうぞご参加ください。

お会いできるのを楽しみにしています音符

 

詳しくはこちらをどうぞ→ 読書会のお誘い


JUGEMテーマ:人生論

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

| セッション・WS・コースのご案内 | 17:30 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH