<< 落ち込みと統合  | main | 困った時の解決法  〜夢が教えてくれたこと〜 >>
続・落ち込みと統合  

 

 

こんにちは。 まゆんです。

 

きのうの続きで、6月半ばに落ち込んだ時のことを記したものです。

 

バシャールかエクトンの本に『落ち込みとは深い瞑想状態』と、書いてあったことを思い出しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・プレゼント・・・・・・・・・・・・・

 

ショックな出来事があった次の日、わたしの癒しの場所=お花屋さんに行こうとして、その前に赤山(せきざん)禅院に行くことを思いつきました。  

 

  福禄寿さん(福をもたらす神様たち=

  七福神の1人)が祀られているからです。

 

  福禄寿さんは、わたしのガイドさんで、

  私には「優しくて賢いおじいちゃん」的

  な存在です。

 

 「こんな時ほど、おじいちゃんと

  深く繋がれますように」

 

 (おみくじ)     とお願いしてきました。

 

    ナーマク サーマンダー

    ボダナン シッタラ

    グハンダヤ ソワカ

 

意味はわかりませんが、書かれているマントラを唱えると、丹田にエネルギーが降りてきて落ち着きました。

 

禅院を後にするとき、後ろからこんな声が聞こえてきたようでした。

 

大丈夫。 

シュジョウとはそんなものだ。

それを含めて愛でなさい。

 

「シュジョウって?」

 

耳慣れない言葉だったので、「何のことかなぁ。」と思うと、漢字で『衆生』と浮かび、人間のことを言ってるようでした。

「相手もわたしも、人間とはそもそもそんなものなのだ。」と。

『そんなもの』という言葉は、何も判断もついてない感じでした。

 

言葉も頂けたので、お花屋さんに行ったら、お目当ての(水色に筋の入った朝顔)の苗も見つかりましたonnpu

 

その後100均ストアに寄ると、ぬいぐるみが目に入りました。

珍しく、ほしくなって買いました。

置いてある中で一番可愛いかったので選びましたが、人間関係で落ち込んでたので、ハリネズミは何やら象徴的でもあります。

 

  この子の針は柔らかくて気持ちいい。

  撫でていると、落ち着きます。

 

  ペットを飼っている人は、こんな風に

  癒されるんだろうな〜

 

 

 

 

  

 

  そして今日(15日)は・・・

 

 

映画「私だけのハッピー・エンディング」を見て、

「許すってことさえ知っていれば、大丈夫」

と、ちょっと思えました。

 

相手のことだけじゃなく、自分にもネ。

うまく言えないけれど、この『許す』も上から目線のものでもありません。

 

許すって(行為ができれば)、最強だな。

と、思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

振り返ると、3日でここまでの境地になれたのは最短記録かな、と思います。

 

その後、週末には仕事子どもに癒され、

翌週、責任者の方に打ち明ける機会が自然に訪れました。

あった出来事と自分の気持ちを話すことができ、受け止めてもらえ、流せなかった涙を流したらスッキリしました。

 

気づき、フラワーレメディー、思い出す、お絵描きワーク

癒しの場所、ガイドさん、マントラ、花、ぬいぐるみ

映画

仕事、子ども

 

ガイドさんを始め、いろんなモノや人に癒されました。

 

ひょっとして最初にすぐに泣けていたら、こんなにいろいろしなくっても、早くスッキリ出来たのかもしれません。

いつか、そんなシンプルな私になっていきたいな。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。ちゅん

もし落ち込んでも、ガイドさんに助けを求め、いろんなものに癒やしを見出して、笑顔になって戻ってきてください。にじ

 

星 補足です〜

 

聞こえてきた言葉『衆生』を後から調べたら、読み方や意味も合っていました。

確かにおじいちゃんのメッセージだったんだなと思えました。

 

メッセージにあった『人とはそんなもの』とは、今回の出来事で人や自分がしていた、<思うことがあっても相手に言い出せない・確かめないで思い込んだり誤解する・それに基づいて言動する・言葉が足りない・上手く伝えられない・いろいろ溜め込んで爆発する・独りよがり>などなど、『人はそういうことをする生き物』、ということです。

 

書き出すと、・・・と思いますが、伝わってきたのは「カラスは黒い」みたいな、本当にジャッジのない言葉でした。

 

『それを含めて愛でる』

それもできたら最強だと思います。

 

JUGEMテーマ:日常。

| 人って不思議 | 00:14 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH