<< あなたの「こんなことやりたい!」も実現しますように | main | 続・ペットの気持ち 〜ワンちゃんの過去世〜 >>
ペットの気持ち 〜ワンちゃんの過去世〜

 

こんにちは。 まゆんです。

 

今日は、ワンちゃんのリーディング例を紹介します。

 

  クライアントのMさんは、

  何匹か小型犬を飼ってい

  らっしゃいます。

 

  セッション前後の相談時

  に、ペットに関する悩み

  に話が及びました。

  

 

中の1匹が、他の子達に対して攻撃的で困っているというお話でした。

 

去年、わたしは馬さんにヒーリングする機会に恵まれました。

             (過去記事⇒馬にヒーリング♪

その時、人にヒーリングするのとはまた違った喜びを感じて、ほかの動物へのヒーリングにも興味を持ち、実験的にヒーリングさせてもらうことになりました。

 

最初、写真を見て遠隔ヒーリングをしようと思っていましたが、送られてきた写真を見ると大きな悲しみが伝わってきて、胸が痛くなりました。

それで、直接会いに行た方がいいかと思って出向きました。

 

結果から言うとヒーリングは殆どできず、リーディングになってしまいました。 

その子がMさん恋しさにじっとしてくれなかったのです。

 

お庭にその子だけ連れてきてもらって、膝の上に抱くか背中に手を当てたらいいかな?と思ってました。 

ですが、KちゃんはMさんに遊んでもらえると思っていたのか、Mさんがわたしにリードを預け家に入っていったので、後を追おうとしていました。

 

ワンちゃん類は飼った経験がないので、どうしよう?と思いましたが彼のためです。

ぐっとリードを引っ張り、声をかけました。

 

でも、玄関の方に行こうとします。

フンっフンっ鳴いているその横顔は、思いっきり不満に満ちていました。

怒っていますし、寂しさも伝わってきます。

 

後を追っていこうとするKちゃんと綱引き状態がずっと続きます。

時折、わたしの方に来て顔をベロベロと舐めてくれますが、またすぐに玄関に行こうと綱引きです。

 

名前を呼んだり声掛けをしていましたが、ヒーリングは諦め、情報を受け取ることにしました。

 

「ママのことが大好きなんだね。 ママの方に行きたいんだね。」

と少しでもなだめようと話しかけると、不満の原因が伝わってきました。

 

「犬なんかと一緒にしないでよ!!」

 

って、ええっ??

 

「そんなこと言うけど、君も犬なんだよ?顔

 

とツッコミを入れたくなりましたが、Kちゃんには自分が犬だという自覚がまったくない様子。

それで、他の犬達と同じ扱いなのが腹立たしくてすごく不満なのです。

 

男の子のイメージが浮かびました。

どうやら彼は前世では人間の男の子で、Mさんが母親だったようです。

なにか訳があって、今は犬・・・?

 

犬扱いされていることに腹を立てるKちゃんは、傍から見たらおかしいですが、悲痛な思いが強く伝わってくるので笑えませんでした。

 

しばらく、いろいろな言葉をかけました。

 

  「MさんはKちゃんのこと大好きだよ。 

   大丈夫、とても愛されてるよ。

   君が他の子達を攻撃するから、叱ったりしないといけないだけで、

   ちゃんと愛されてるんだよ。

   他の子とも仲良くしたら、もっと可愛がってもらえるよ。」

 

何度も繰り返し伝えました。

 

 

はて、ちゃんと届いたかしら? 

もう、今日はこれ以上できることはないな、

と思ったとき、リードが外れて、Kちゃんは一目散に玄関に走って行きました。

それぐらい、玄関に行こうと踏ん張っていたのです。


ひとまず、セッション終了です。

 

読んでくださってありがとうございます。

あしたは、その後浮かんできた過去世の詳細をお伝えしますネ。

 

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| 動物たち | 13:03 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH