<< 花に呼ばれて | main | もうすぐ、もうすぐ♪ >>
「さばのサラダ」と「友達のさばのちらし寿司」

 

こんにちは。 まゆんです。

 

いつも来てくださってるみなさんは、タイトルを見て??

と思われるでしょう。

わたしが料理について書くのは、珍しいですものね。

 

ただ今、確定申告と格闘中なのです。

そんな中、チラッと見てしまったJUGEMのブログテーマ。

 

好きな「さば料理」なに?

 

みんなが(たぶん)知らない、お気に入りのさば料理がある。

書きたい・・・

と同時に、逃避だと思います。

 

2つあります。

 

1つは「さばのサラダ」

息子の好物でもあり、定期的に作るメニューです。

 

材料は、

さばの干物  2分の1尾(半身)

玉ねぎ    大1

トウガラシ  少々

ドレッシング ナンプラー大1、お酢大2、オリーブオイル大2、塩小1

 

玉ねぎを半切りにしてスライス、少し水にさらして

水を切ったら、ドレッシングとトウガラシでよく合え、30分ほど漬け、

さばを焼き、柔らかくほぐしたものを玉ねぎと混ぜる。

 

シンプルで美味しく、山盛り食べたくなります。

 

どこの国の料理なのか忘れてしまいました。

 

ある日、西川治さんのお宅にお邪魔することがあり、

その時記念に著書の「こんなにおいしいサラダ」を購入しました。

世界のいろんな国のサラダが紹介されていて、そこに載っていたと思います。

 

西川さんは、

「朝6時に起きたらまず絵を描いて、

朝食後に写真のお仕事をして、お昼を(自分で)作ったら午後また仕事、

夕食を作り(時にスタッフやゲストのも)・・・という一日で、

時間が余ってしょうがない。」

とおっしゃってたのが印象的です。

 

写真家で料理家で、絵まで描いて時間が余るってびっくり

時間をとても上手に使う人だなぁと思いました。

未だに見習えていないです。

 

もう1つは「友人のさばのちらし寿司」です。

 

彼女は高知の出身で、いつも料理はドーンと大量に作り、レシピはありません。

一度作り方を教えてもらいましたが、忘れてしまいました。

実験的な料理も良く作るので、アレンジが入っていることと思います。

わたしは「美知子さんのお寿司」と呼び、食べさせてもらう専門になりました。

 

焼きさばをほぐして、高地から一升瓶で取り寄せているゆず酢

(塩入り)に少し漬け置き、酢飯もゆず酢を使います。

 

後は、しいたけ・人参・ごぼうなど甘く煮た具を混ぜます。

このお寿司の場合は、「卵や海苔は乗せない」と言ってました。

 

すっぱ美味しいです。

因みにさばを焼いてほぐすのが面倒な時は、

シーチキンで代用しても美味しいです。

 

以上、食休みと逃避を終えてサクサクやっていきます手
 

| 日々の喜び | 13:55 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH