<< 夢で教わった<コミュニケーションのしかた> 〜分離と統合〜 | main | 子どもさんにしてあげられること  船劵廛離札薀團好箸隆囘世ら〜 >>
誰か手伝ってくださいな♪

 

こんにちは。

はな 花好きのセラピスト、まゆんです。はな

 

前から「やりたいな〜」と思っていることがあります。

それは イギリス・アイルランド花紀行のお茶会 です。

 

一人で考えていたらいつになるかわからないので、

ボランティアしてくださる方を募ることにしました。

 

手伝っていただきたいのは、

スマホに撮りためている写真を

<プロジェクター(?)を貸してくださり映し出す>ことです。

場所は、東京・神奈川か京都自宅を考えています。

でも、希望を募って何人か集まるようでしたら、

他の場所でもやりたいと思っています。

 

お花が好きな人、

バッチフラワーに興味がある人、

イギリスやアイルランドに興味がある人、

わたしの旅に興味のある方、

それ以外の方でも、「手伝えるよ!!」と快く引き受けてくださる方、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

お礼は、もちろんお茶会の無料参加です。

そして、希望してくださるなら、

バッチフラワーカードを使ったリーディング30分、

もしくは他のセッション30分分をお付けします。プレゼント

 

 

機会に恵まれ、2年前の5月〜6月にかけて

友人のいるアイルランドの南東ウォーターフォードと、

ロンドン郊外のセント・オールバンズ

バッチフラワーの創始者、バッチ博士が晩年を過ごされた

マウント・バーノンのコテージ行ってきました。

 

バッチフラワーを含む、森やお庭に咲いていた花たちをメインに

景色など、撮りためた写真は約300枚にのぼります。

こんな感じです

 

<アイルランド>


 
          (友人宅と近くのブルーベルの森)


           (群生しているゴース)

           

        

<イギリス>


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                     (バッチ博士のコテージとレッドチェスナット)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         (セント・オールバンズの街並み)

 

いいなと思うものをピックアップして紹介し、

お茶紅茶でも飲みながら、お花たちや旅の話し、

バッチ博士やレメディーの話しもできたらなぁ〜

と思うのです。

 

どなたか、手伝っていただけると大変嬉しいです。

 

ご連絡はこちらまで。 space-uni

どうぞ、よろしくお願いいたします。感謝

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

| お知らせ | 08:39 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH