<< 1月神奈川での個人セッション枠、変更のお知らせ | main | 美容器で瞑想 >>
「自由に選べる」は楽しい

 

こんにちは。 

無意識探検家・人間研究家・ヒプノセラピストのまゆんです。


 

  京都では2〜3日雪が

  降り続いていました。

 

  晴れている時は、辺りは

  雪明りで、明るく美しく、

  暖かい部屋から眺めると

  格別でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『冬は内面に入るのに良い季節』とどこかで聞きましたが、そのようです。

夢は活性化して、内面に意識が向きます。

 

最近、興味深い体験をしました。

 

誘われてある人の個展に行った時のことです。

作者は八面六臂の活躍をされている方で、

前から「すごい人だな〜」と、頭が下がる思いを持っていました。

その方が忙しい合間に創られるって、「一体どんな作品?」

と興味を持って出かけたのでした。

 

予想外のシンプルさに、戸惑いました。

 

見た目、物に字が書かれただけの作品で、勝手に絵画や彫刻など、

もう少し手を加えられたものを想像していたわたしは、

最初、どう受け止めていいのか分かりませんでした。

 

見た目はシンプルだけど、その方の生き方が凝縮されている、

魂が込められているのだと思いますが、

アートについて良く分からないので、

 

  「これは、『作品』と言えるものなのか?

   こんな風でも(作品として出して)いいんだ・・・」

 

と、失礼かもしれませんがそう思い、次に

 

  「でも、その人から産みだされたのなら、

   その人の表現であり『作品』であることに違いない。

 

   ・・・ひょっとして、今までわたしは

   自分の作品を産み出そうとする時のハードルが高すぎたのかも。

   無意識の内に『こうあらねば』という基準や枠を持っていて、

   それに囚われ過ぎていたのでは?」

 

などとアレコレ思いました。

 

 

そして、以前雑誌で読んだ、日木流奈君の言葉を思い出しました。

 

  「『過去生がある』という考え方は、お得なんです。」

 

お得な考え方・・・

 

もし、わたしが

  「その人から産みだされたのなら、どんなものでも

   その人の表現であり『作品』なのだ。」

とすると、

自分自身にも、今後「どんな作品を出してもOK」とできます。 

今までのわたしの、ひょっとしたら厳しすぎたり間違っていたかもしれない

基準を下げていろいろ表現できそうです。

 

そう思うと、楽しい気分になってきました。

自由でひろがってゆく心地良さを感じられました。

 

相手を評価・批判する必要もなく、

その尺度を自分に課する必要もない。

お得な考え方です。

 

前のわたしは、そうではありませんでした。

自分の想像や(勝手な)基準と違っていれば、多少がっかりし、

その人に対する気持ちや見方が変わって、

自然と距離を取ってしまったこともあります。

 

逆を体験したこともあります。

わたしのどこかにがっかりしたらしい人たちは、

それまでの好意的な態度が消え、よそよそしくなり離れて行きました。

 

どちらも心地良くなかったです。

その(無意識の)やり方は、お得じゃ無かったようです。


 

今回は、同じ無意識な反応が出かけたものの、

別の考え方を浮かばせることが出来ました。

 

まだ、どちらかに決めていない今の状態は、宙ぶらりんな感じではなく、

 

  「どっちを選んでもいいんだ♪」

  「どちらも選ぶことが出来る♪」

 

と、気持ち良いし喜びが感じられます。

 

これが、『ニュートラルの境地』かもしれません。

ネガティヴでもなくポジティヴでもなく。

 

ポジティヴはポジティヴで楽しいだろうけれど、

「どっちを選ぶことも出来る」は、

ポジティヴよりも広がりがあって、心地良い気がします。

意外です。

『ニュートラル』は、何もないのではなく、

すべての可能性を含んでいる感じがします。

 

このような思いや感覚を得られたのも、あの作品のお陰です。

もしコレが作者さんが意図するところだったら、

やっぱり彼はスゴイなぁ〜と思います。

 

JUGEMテーマ:人生論

 

| 人って不思議 | 23:30 | comments(4) | - | pookmark |
コメント
こんにちは!お寒いですね!
私も多分同じ方の個展に行きました(*´艸`)
現代の美術という枠にとらわれずに表現するってどんな感じだろうと思いまして。
作品はやっぱり私も「??」な感じでしたけど、この記事を読んでもやっとしてなものがハッキリしてきたように思います。
それと同時に私の表現の方法も「習ってないから」とかネガテイブな理由にこだわらず、自由でいいんだなと思いました。

日頃からニュートラルを大事にされてる作家さんなので、「ニュートラル」は意図してたかもしれませんねー。
私は全然わかりませんでしたけど(*´艸`)

ここまで書いて違う作家さんだったらスミマセン(笑)
| ちよちよ | 2017/01/20 11:59 AM |
ちよちよさん、コメントありがとうございます。

わたしが行ったのは「脱」の人です。
それほど詳しくは無いので、ニュートラルを大事にされている方とは知りませんでした。

もし違う方でも、それはそれで面白いシンクロと言うことで。

お互い、自由に表現していきましょうね♪
| Mayun | 2017/01/20 4:48 PM |
こんなところで、親友の息子の名前を見ることになるとは
びっくりです。
以前、この親友の話をしたことがあったのですが、
きっと(?)お覚えではないでしょうね(^^)
| おはる | 2017/01/28 7:01 AM |
おはるさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
お話を伺った記憶はあるのですが、きっとお名前を聞きもらしてたのだと思います。ごめんなさい。
伺っていたら、驚いていたと思うので。

本、3冊くらい持ってました。
真実を、シンプルにストレートにわかりやすい簡単な言葉で書かれていて好きでした。

流奈くんももう大人ですよね。
どのように成長されたのかな〜
| Mayun | 2017/01/30 6:01 PM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH