<< 「好きなもの」を集めてみる | main | 12月は聖なる時間 >>
夢とコンサート

 

こんにちは。

無意識探検家・人間研究家・ドリームセラピストのまゆんです。

 

  夢の世界は(と言っても現実と裏表ですが)

  面白いです。

 

  きのうは、夢と現実がすぐにリンクする

  不思議な体験をしました。


  その前日の朝、いつもよりハッキリ夢を

  覚えていて、ヒプノスクールの生徒さん

  に夢ワークを教える日だったので、詳し

  く書き留めました。

    

  夢に意識を向けると夢が活性化します。

 

その内の1つは長く、いくつかの要素が組み合わさった夢でした。

 

夢の中で、わたしはすぐ近くでコンサートが催されることを知り、

行きたがっていました。

チェロ?バイオリン?とピアノみたいな組合せのデュオで、

椅子が並べてあって、アットホームな感じのイベントです。

 

行きたいけれど、お金をそれほど持っていないので参加できない。

何とか聴けないかなぁ〜と思っている夢でした。

 

夢を振り返った時は変な感じでした。

夢の中のわたしは、

「音楽を聞きたい。コンサートに何とかして行きたい。」

と思っていましたが、普段のわたしは思っていなかったからです。

「潜在意識的には、コンサートに行きたがっているのかな??」

夢ワークではいくつか意味が分かったので、すっきりして眠りました。

 

翌朝携帯を開けたら、友人からメールが届いていました。

コンサートへのお誘いです。

「今日の夜で急だけど、チケットがあるから行かない?」

 

調べてみると、今日行こうと思っていた息子の住まいの近くです。

 


 

そして、バイオリンとピアノのデュオコンサート。

 

よくわからないし、知らない曲ですが、

とにかく夢とリンクしているので行ってみることにしました。

 

コンサートの会場は普段カフェをされていて、

夢ほどオープンな空間ではありませんでしたが、

堅苦しくなく、規模も同じ位でした。

 

中盤のリスト・シューマン・フォーレは、

メロディーや音色が懐かしさを感じるものでした。

 

そう思って目を閉じて聴いていると、

昔住んでいた家の玄関とその周りの光景が浮かびました。

小学1年くらいまで住んでいた家です。

 

1日中音楽が流れている家だったので、

その曲か似たような曲を聴いていたのかもしれません。

 

若かった父と母のイメージが浮かび、

「それぞれの結婚や家庭についての希望や願い・思いがあって結婚して、

一緒に暮らしを営んで、わたしや弟たちを育ててくれてたんだろうな〜

きっと父と母なりに、一生懸命日々を過ごして来てくれたんだろうな〜」

という思いが出てきました。

 

人間だから完ぺきじゃないし、欠点だってある。

わたしは成長するにつれ、反抗したり、嫌だと思う部分を主に見てきたけど、

(家以外の学校やそれ以外の所でも、いろんなことがありますもんね)

父も母も「良い」と思うことを一生懸命やってきてくれたと思う。

 

そんな気持ちになれて、涙が一筋流れてきました。

 

 

わたしはそれ程コンサートに行きたいとは思っていなかったけど、

この体験をするのに行く必要があったことを潜在意識は知っていて、

夢で教えてくれたのかな、と思います。

 

夢と友人に感謝です。

演奏者の方、主催者さんにも感謝です。合掌

 

 

JUGEMテーマ:夢日記。

| 夢の話し | 12:40 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH