<< 1年の振り返り?の夢 | main | ありがとうございました!! >>
Hypnotic Wonderland通信 BN vol.9


こんにちは。
ヒプノ使い、人間研究家のまゆんです。

12月22日配信分のメルマガ をUPします。
(何とか今年中にできました〜)


vol.9は、
「お互いが幸せになるためのコミュニケーション」 最終回
今年最後の配信となりました。

回を追うごとに、文字数が増えてしまって、
読んでくださるみなさんには、長文でしんどかったかもしれません。

ちょっとした情報のはずが、自分でも大変な部分もありました。

それでも、自己満足になるかもしれませんが、
お伝えしたいことをみなさんに提供できたことで、充実感と嬉しさを味わえました。
ありがとうございます。

また、書いているうちに、これまで自分のしてきたことをまとめられ、

受け止めてくださったみなさんに、感謝しています。

みなさんの人との関わりが、喜びに満ちたものになることを願っています。


それでは、ヒプノティック・ワンダーランドの世界へ、どうぞびっくり



 
   Hypnotic Wonderland 通信
  
    〜人って不思議で素晴らしい〜
         vol.9
 
 

 


――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★ お互いが幸せになるためのコミュニケーション その3 ★
       伝わるように伝えてる??
――――――――――――――――――――――――――――――――


コミュニケーションはキャッチボールに似ています。

持っているボールを、ボール
相手に向かって、
受け止めてもらえるように投げる。グローブ

これまで、ボールでなくイガ栗を、
相手ではなく、うっかり手近な人に、
投げつけたりしていませんでしたか?

受け止められない方向に投げてしまったり、
相手にダメージを与えるような投げ方をしても、キャッチボールになりません。

今日は、「受け止めてもらえるように投げる」方法=
伝え方(言葉とエネルギー)について、お話します。


★言葉について・・・・・なるべく「わたし(I)」を主語にする

以前の会話を、もう一度振り返ってみましょう。

中学生と高校生に成長した子供たちが、夕食に帰ってこなかった時の、
お母さんの伝え方です。  日常、ありがちーな会話です。

  「晩御飯は食べるの!? 食べないの!?
   遅くなるならなるで、電話の1本ぐらいしなさいよ!
   それぐらい1〜2分あったらできることでしょ!! 」


日本語では主語がわかりにくいですが、英語にすると、
Do you, Why don’t you, You can(たぶん)で、
全て、「相手」が主語ですね。
そして、内容は「質問(というか詰問)・命令・責める言葉」です。

You が主語だと「責め」や「決めつけ」の言葉に
なってしまいがちなのです。

わたしも母なので、お母さんの気持ちはよくわかりますが、
子供の立場になると、「責められる感」が強く、
気持ちも体も引いてしまいます。


今度は、「わたし」を主語にしましょう。
  「晩御飯を食べるのか食べないのか、
  (わたしは)連絡してほしいのよ!!」 


同じ勢いでも、「自己主張」になります。

本心を伝える言い方だと、
  「お母さんは、連絡をくれないと困るのよ。
   料理も冷めてしまって、食べないと捨てないといけなくなるし。
  (わたしは)お父さんと2人で食べるのも、淋しいしね。
  (わたしは)夕食はみんなでにぎやかに食べたいの。  
   遅くなるか済ませてくるのか、電話を入れてくれない?」


これだと、「自分の気持ち・状況や事実・提案」になります。


読んでみていかがでしたか?
3パターンとも、伝わり方が違ってきませんか?

親子や近い関係だと、これまでに溜め込んでいるものもあり、
お互い「言わなくても、これくらいわかってよ」的な甘えもあって、
最後の文章になるのは、急には難しいかもしれません。

そのため、「普段から溜めこまずに、その都度自分の思いを伝えていく」
のが大事です。

まずは、今からでも「わたし」を主体にしていきませんか?
何事も、慣れです!

★エネルギーについて・・・・なるべく「ニュートラル」でいる

これまで主に「言葉」について話してきましたが、
コミュニケーションの場では、当然エネルギーが交流しています。
お互いのエネルギーの状態が、相手に影響を与えます。

もしも、あなたが怒りや非難などの
「責め(感情)」や「決めつけ(思考)」の気持ちを持っていたら
(エネルギー状態であれば)コミュニケーションは難しくなります。

あるのとないのとでは、どう違うか?

さっきと同じ言葉で実験しましょう。

深呼吸して、「責める気持ち」を吐き出すイメージをして、
できるだけ、ニュートラルな状態で話します。
  「晩御飯は食べるの? 食べないの?
   遅くなるならなるで、電話の1本ぐらいしなさいよ。
   それぐらい1〜2分あったらできることでしょ。」


どうでしょう?
いくぶん不自然なのは、エネルギーの状態によって、
生れる言葉が違ってくるのに、言葉を変えていないからですが、
同じ言葉でも全然違ってきませんか?

エネルギーでも言葉でも、
人は、「責め」られているように感じたら、
無意識のうちに身を堅くし、自分を守るモードになります。

コミュニケーションの本来の意味は「分かち合うこと」なのに
これでは「自分を分かち合う」どころではありません。

守るだけでなく、すぐに反撃してしまうこともあります。
「ピシピシ」のエネルギーが来たら、つい反射的に
「ピシピシ」で返してしまうものです。


「決め付け」の言葉はさらに厄介です。
  「あなたは、いい加減なんだから。
  (あなたは)どうして、電話の1本くらいできないの?」


相手に「いい加減」で「簡単なこともできない」「ダメな人」
のレッテルを貼ることになります。

決めつけられるのは誰でも、嫌なもの。
これも同じように、返してしまいがちです。

「この人は、わたしのことを全然わかってくれない。→
 言っても無駄 → この人は苦手 → 心を閉ざす」
決めつけ返し、となる可能性大です。

「決めつけ」は、気持ちや関係を複雑化させます。  


最近、久しぶりに、夜の連続ドラマを見ていました。
「今日は会社休みます」です。

30歳のOLが、すてきな年下の彼と出会ったのですが、
もともと人と関係を築くのが不得手。 
ついマイナス思考の妄想をしてしまって、
勝手に悩んだり落ち込んだり自分にダメ出ししてしまうところを、
周りの助言に助けられ、勇気を出して
相手とコミュニケーションをとることで、妄想を修正しつつ、
相手との信頼関係を築いていく・・・
そんなところが微笑ましいドラマでした。

もしも、彼女が相手とコミュニケーションをとって確かめずに、
自分の妄想だけに基づいて言動していたら(=決めつけ)
HAPPY ENDには、ならなかったと思います。

「決めつけ」や「責め」は、どちらも人との関係を不毛にし、
「ニュートラルなあり方」や「I(わたし)を主語とした、
 自分を分かち合う」やり方は
 お互いが幸せになる可能性を広げてくれます。



こうして、書きあげてきたことを振り返ってみると、

「お互いに幸せになるためのコミュニケーション」
 の基本は『センタリング』


(いつも自分の中心を感じ、ブレずにいること)なのでした。

確かに、「自分」を分かち合うには、そうでないと。

最初は、分かち合う「自分」が、表面の自分でも、
そこから始めて、より自分の中心に近づいていけば、
最奥の中心は、みんな愛そのもの(=ハイアーセルフ)です。

『 I (自分)』を分かち合うコミュニケーションをしていけば、
やがては『 愛 』に到達する・・・となります。

う〜ん。 すてきな真実です。
小さなことからコツコツと。
今日から、それにはうってつけの星周りみたいですよ。星


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・追記とご紹介

わたしが、ここに書いた方法以外にも、
もっとあなたらしいやり方があるかもしれません。

例え、主語が You でも、感情をぶつけてしまっても、
お互いが 「このやりとりを通して、もっといい関係になりたい」 
という気持ちをしっかり持っていたら、この限りではないと思います。


最後に、「仲良くなる」mp3の紹介です。

コミュニケーションを難しくしている大きな要因が
「過去から持ち越した感情や思考」です。
「それに気付いて外す」簡単なイメージ誘導です。

イメージングは、最初は声の誘導があった方が楽です。
慣れてきたら、日常、自分ですぐにできるようになります。

もっと仲良くなりたい相手や、苦手な人とのコミュニケーションに、
どうぞ、お役立てください。

DLマーケットさんから購入できます星


[発行人]     space uni 今西まゆみ (ペンネーム、榊めぐみ)
                                              
( 掲載されている内容は、すべて著作権で保護されています。
本文の無断引用・転載は、どうぞご遠慮ください) 

最後まで読んでくださって、どうもありがとうございましたちゅん


JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| 無料メルマガ・バックナンバー | 12:11 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH