<< 虹のマリアさま | main | 「幸せになるのに忙しいから」 >>
ショパンの夜

今日は友達と、横山幸雄さんのピアノコンサートに行ってきました。

コンサートで使われたこのピアノは、
ショパンがこよなく愛したというフランスのプレイエル社が
ショパン生誕100年の年(1910年)に制作したピアノです。

見た目も美しいでしょ?

音もすてきでした〜



音楽についてもピアノについても、
わたしは良く知っているわけではありません。

なので、あくまでわたしの印象ですが、
コンサートに良く使われるスタインウェイは、
ホールに音が広がって行くような、
光が振り撒かれていくような、そんな感じで、
このピアノはやわらかく全体を包み込むように感じました。

横山さんのコンサート自体、初めてだったので、
彼がそんな音を奏でる人だったのかもしれません。

来れて良かった〜と、2人とも大満足の夜でした。


今日は、ぎりぎりセーフだったのです。

お昼に片づけものをしていたら、コンサートのパンフレットが出てきて
日付を見ると、なんと今日(17日)の7時からではありませんか? 

その時、ふと夢の断片を思い出しました。

小さめのグランドピアノを男性が弾いていて、わたしはその場にいて、
ピアノを聴いていた。
その場面だけ浮かんできました。

プレイエル・ピアノは、実際サイズが小さいのです。

これは行かないと!

慌ててピアノ友達に連絡を入れ、早めに会場に行って、
ぎりぎり当日券を買うことができました。

会場のパンフレットで、今日がショパンの誕生日であることや
(知らんかったヨ〜)  →間違い。命日でした。
東日本大震災チャリティー・コンサートに切り替わっていたことを知り、
2重3重に、来れて良かった〜と喜びをひしひし感じました。

関わる全ての人と、夢に感謝です。 

| 音楽が好き・音 | 00:40 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
画像にあるピアノが、
とってもおいしそうな、
チョコレートに見えます!
魅力的な雰囲気ですね!!

まゆみさんの、そのタイミングと、行動力に、
私も続くぞと〜と感じました。

あ〜、なんだか、直感と、行動の時って、感じます。

また、イメージの力を、
より信じるというか、体感しています。

なおこ
| なおこ | 2011/10/18 8:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hypnotic-wonderland.dp37142541.lolipop.jp/trackback/41
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH