<< 10・11月は、実りを楽しむとき | main | イタリア・アイルランドの旅  〜その12 友人との再会〜 >>
悪夢を嫌わないで
JUGEMテーマ:

こんにちは。
急に寒くなってきましたね。
うちではきのう、トイレの便座の暖房と、ホットカーペットを入れました。
(省エネのため、夏の間は便座の暖房を切っています。
 ちなみに、元福島の原発の職員だった方が、「みんなが電気湯沸かし器でお湯を沸
 かすのを止めたら、原発3基を止められる。」と、ニュースで話されているのを見ました。
 みんなで、できることからコツコツしましょ。

   


  近所のレストランのベランダ席です。

  雰囲気いいのですが、もう肌寒いので、
  次の夏に利用したいです。

今日はお昼を食べた後、急に眠気に襲われました。
寒いとそうなったりするのは、わたしだけでしょうか?

ひょっとして過去世で、変温動物とか冬眠する生物だったのでは?
と思ったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は「悪夢」と言われるものについて、ちょこっと書いてみます。

春や夏は外での活動が活発になる時期で、秋から冬にかけては内面が活発になる時期だそうです。
これから、夢も活発化してくることと思われます。

わたしは、長年夢に携わってきて、「夢」研究家でもありますが、「夢は(主に)内なる叡智からのプレゼント」だと思っています。
・・・でも、プレゼントとして受け取るか受け取らないかは、みなさんの自由意思に委ねられています。

夢の話しをしだすと、ずっーと続いてしまいそうなので、「悪夢」についてだけ簡単に取りあげましょう。

みなさんは、悪夢を見たことがありますか?
悪夢・・・とまではいかなくても嫌な夢とか。

そういう夢を見たら、朝起きた時に、なんだか嫌な気分になりますよね。

でも、嫌な夢の殆どは、顕在意識(いつものわたしたち)に
「気付いてはいかがですか?」
「見直して、変えてみてはいかがですか?」
ということを提示してくれているだけです。

だってネ。
嫌な夢だったら、みんな朝起きても、忘れないで覚えていてくれるでしょ?
「夢」には、そんなユーモアな一面もあります。

そうやって、わざわざ印象に残るような夢にしていても、みんな忘れたり無視しちゃいます。
そうすると、夢は忍耐強いので、繰り返し繰り返し出してきてくれます。

ちょっと例えてみれば、こんな感じです。

  あなたは、大事な落し物をしたのに、気付かずに進んで行きます。
  すると、あなたを陰ながらずっと見守ってくれていた親切な人が、拾い上げて後
  ろから追いかけてきてくれました。
  
  その人は、それが大事な落し物だと知っていて、繰り返し「あの〜、ちょっと」
  とか、「これ、大事なものなのですが・・・」とか、声をかけたりしてくれてい
  るのに、あなたは気づきません。
  大事なものだということすら、気付いてなかったりします。

  その人が何とか渡そうとしているのに、あなたは誤解して、悪い奴がつけてきて
  いるみたいな扱いです。
  無視したり、怖がってなんとか振り払って、逃れようとしたり・・・

なので、わたしとしては「逃げないで、ただ大事な忘れ物を受け取っていただけたら」と、思うのです。

もしも、嫌な夢を頻繁に見たり、インパクトが強ければ、それだけ夢が「早く気付いてほしい」「早く変えてほしい」と一所懸命教えてくれているのだと捉えてください。

「悪夢」は感情の開放の場合もあります。
その場合は、夢で味わった感情(恐怖・不安・悲しみ・罪悪感など)が、本当は深いところにあるということです。
出しちゃった方がいいので、ガス抜きさせてくれたりします。

自分の中にそのような感情があったんだな、と気付いてあげて、「『夢』という安全な方法で排出してくれた」と受け取るといいと思います。

どんな夢も、わたしは「夢」はその人の味方だと思うのです。
どうぞ、「嫌な夢」を嫌わないであげてください。

読んでくださって、ありがとう。

| 夢の話し | 23:58 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH