過去世体験  〜花とカエル〜

 

こんにちは。 まゆんです。

 

ゴールデンウィークの真っ只中、いかがお過ごしですか?

お休みの方もお仕事の方も、どうぞ1日1日が心地よいものになりますように感謝ハート

 

わたしは前半、東京・横浜で仕事をさせていただきました。

来てくださったみなさま、ありがとうございました。ちゅん

 

出張から5日ぶりに家に戻ってきたら、庭にかわいいお客さんが来ていました。

 

  チューリップの葉っぱにくっついて

  日向ぼっこしています。

 

 

  トカゲもそうですが、爬虫類とか、

  けっこう大丈夫な方です。

 

 「何にもしないからね〜

  写真撮らせてね〜」と近づいていって

  何枚かパチリ。

 

  大人しく動かずにいてくれました。

 

  撮った写真を眺めていたら、

  そう言えば・・・

 

  と、ある記憶が蘇ってきました。
 

もう何年も前のことです。

 

久しぶりに会った友人に、「今、ヒプノセラピー(催眠療法)をしている。」と話したら興味を持ってくれて、「付き合っている男性との過去世が知りたい」というので、セッションすることになりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「彼と一緒だった過去世に戻ってゆきます」と誘導すると、

彼女に浮かんだ場面は、お花畑でした。

 

そして、彼女自身もでした。

ひまわりだったか、チューリップだったかは忘れてしまいました。

 

「えっ?! わたしもお花?」と彼女。

 

わたしの中にも疑問が浮かんできました。

はて、これって本当に過去世なのか? 

それとも潜在意識が出してきている『象徴』なのか?

 

でも、セッション中はそんな考えは横に置かねばなりません。

疑いや分析は、次のイメージが出てくる邪魔になります

 

彼女に「疑いや分析は脇にのけて」と促し、もっと『花である自分』を感じてもらいました。

 

 

彼女は寒くて、もっとお日様の光を欲しがっていました。

周りの花たちの方がずっと背が高くて、一生懸命光を浴びようとしても、少ししか浴びられないのです。

 

 

彼女のことはある程度わかったので、今度は彼との関係を確かめないと・・・と、「彼が現れますよ」と誘導しました。

 

 

「えっ!?  カエル???」

浮かんだのは、彼女(の茎)に張り付いているカエルだったのです。

 

そりゃー驚くよねーと思いつつ、さらに2人?の関係性を知るために、カエルの気持ちを読み取ってもらいました。

ヒプノではそんな事もできます。 潜在的能力が発揮しやすくなるのです。

 

彼は彼女に好意を持っていて、「寒そうだから温めてあげる」と、くっついていたのでした。

 

一方彼女の方は、ただ「もっとお日様の光を浴びたい」一心で、そんな事は望んでいないし「要らない」と思っていました。

はっきり言って、ありがた迷惑?

でも、振り払おうとしてもお花さんである彼女にはできない。

カエルくんはピトッとくっついたままて離れません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

関係性がわかったところで、『ちょこっと過去世体験』セッションを終了しました。

 

当時、まだセラピストとしての経験も浅かったし、軽い紹介セッションのつもりでしたので、終わってからはお互い??と笑っていたと思います。

 

そんなことを思い出した後、もう1つ思い出しました。

 

何年かしてまた彼女に会って、「彼がストーカー的行動を起こして別れた」と聞いたことです。

 

今振り返ると、彼女の内なる叡智(超意識)は過去世にしろ象徴にしろ、

 

「その時は動けなかったけれど、今はそうじゃない。

 あなたが(彼といることを)望まなければ離れられる」

 

と、教えてくれていたのでしょう。

 

もう何年も会ってない友人ですが、お日様をいっぱい浴びられるところで、すくすく成長していって花開かせ、幸せであることを願います。合掌

 


もしも今、あなたが彼女のように、誰から離れることを難しく感じていても、

『あなたが望むように自由に生きられる』

ことを知っていただけたらと思います。

 

過去世が花だったり、人間であっても時代や身分で身動き取れなかった影響があるのかもしれません。

でも、今はもう自由ですから。

そのような時代や場所を選んで、今、ここに生きています。

あなた自身が心から望む日々をお送りください。にじ

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

| クライアントさんからの贈り物 | 11:02 | comments(0) | - | pookmark |
『違う価値観を押し付けられた』 と感じた時は・・・

こんにちは。
ヒプノ使い・夢使いのまゆーんです。



  今日は、新しいカテゴリーを作りました。
 
「クライアントさんからの贈り物」 
  です。

  ヒプノのセッションをしていると、
  クライアントさんの奥深くから出てくる
 「叡智や愛の言葉」、「ガイドさんからの
  アドバイスやメッセージ」に、
  心打たれます。



「いい言葉だなぁ。」 とジーンと来たり、
「ああ、そんな風にすればいいんだ。」 と、新しい視点を得られたり。
「それって、忘れがちだけど大事だよねー」 と、再確認させてもらったり。


以前は、そんな珠玉の言葉を「ヒプノトラベル」や
講演会やスクールで紹介させていただいてきましたが、
まだまだ、たくさんあります。

このままでは宝の持ち腐れなので、
クライアントさんの了承を得たものを、
ここで簡単にシェアしていこうと思います。

あなたのお役にたてれば幸いです
プレゼント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたは、人から
「それって、どうなの?」
「それは、○○すべきでしょ?」
「△△しなくっちゃ。」
「あなたは××だね。」
「なんで□□しないの?」
などの言葉を、相手から責めるような、非難するような口調で
言われたことがありませんか?

そんな時、あなたはどんな気持ちになったでしょう?
どんな反応をしてきましたか?


わたしは悲しかったり、戸惑いや反発心を感じました。
「どうしたら、違う考え方を持つ自分を尊重してもらえるのか?」
と、難しさを感じたり、
自分ではそれでいいと思っていたことが、「間違ってるのかなぁ?」と、
少し意思が揺らぐこともありました。
人によって、様々な感情や反応があると思います。


先日、ヒプノのセッションを受けてくれたクライアントさんは、
退行催眠で、そのような場面が2つ出てきました。

しばらく、その場面の自分の気持ちを良く感じてもらいました。
  (そうすると、感情の解放や変化が起こったり、
   気づきが生れたりして楽になります。)

セッションの最後に、クライアントさんのガイドさんが、


『違う価値観を押し付けられた』と感じた時は、
『自分の道を信頼していっていい』、というサインです。


と、教えてくれました。

新鮮な言葉でした。

そう捉えると、怒りも悲しみも感じる必要はなさそうです。

その人の考え方ややり方とは、違っているかもしれないけど、
ただただ自分の道を信頼して、歩んでいけばいい。


なんだか楽そうonnpu

歩んでいけばいつか「それで良かったんだ」と実感できる日が来ます。
私はそんなことを何回か体験して、自己信頼が深まってきました。

クライアントさんの「どこか自分に自信がない」という部分も、
変わって行きそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?
ガイドさんのメッセージ。


仕事を始めた当初から、
「ヒプノセラピストって、クライアントさんが授かった宝物を、
毎回おすそ分け頂いたうえに、すごく自分の勉強にもなるし、
なんてお得な仕事なんだろう!」

と思っておりました。

新しいカテゴリーで、みなさんにシェアして行けるので嬉しいです。
Nさん、ありがとうございます。
感謝

みなさんケース・バイ・ケースなので、ここでご紹介する「言葉」は
誰にとっても、どんな時でも「有効」とは限らないと思います。

でも、もしもあなたの心に響いたのなら・・・
にじ
きっとあなたに役立つものだと思います。
ぜひお試しください。

つい「相手を責めたり非難する言葉を言ってしまいがち」になる時は、
こちらも読んでみてください。 メルマガvol.7

読んでくださって、ありがとうございました。
ちゅん

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
JUGEMテーマ:人生論
| クライアントさんからの贈り物 | 22:03 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH